手の中で楽しむ 3月1日から 限定配信!

いばらきMusicデリバリー

ピアニストってどんなふうに演奏するの?
アンサンブルってどうやって音を合わせているの?
そんな音楽や楽器に興味を持ち始め、演奏の上達を目指すみなさまに贈る演奏会。
動画配信だからこそできる多視点のカメラで演奏会ではなかなか見られない演奏家たちの息遣いを伝えます。

ENSEMBLE

Vol.1 アンサンブル

合奏をするとき、どの様に音やリズムを合わせているのか。
楽器の音、身体の動き、息づかいなど基準は様々。学校の部活動などでは何度も練習し、音楽を創っていきますが、一緒に練習する機会の少ない演奏家たちはどのように呼吸を合わせて音楽を創り上げるのでしょうか。
アンサンブル編は、4種類(金管楽器・木管楽器・弦楽器・打楽器)の編成で、茨城県出身者を中心とする演奏家たちが、楽器の特徴・役割を通しての音楽の創り方を紹介します。

金管五重奏
弦楽四重奏
木管アンサンブル
打楽器アンサンブル
Previous
Next

| テクニック編

「ふるさと」聴き比べ

音楽の教科書にも載っている「ふるさと」を作曲家:鈴木英史氏が今回の動画のためだけにアンサンブルにアレンジし、実際に演奏家たちが演奏します。同じ曲を金管楽器、木管楽器、弦楽器、打楽器で聴き比べられる貴重な機会です。
それぞれでメロディ、伴奏、リズムはどのように表現されているでしょうか。

| リスニング編

アンサンブルコンサート

テクニック編でそれぞれの楽器の特徴や役割に気づくと、コンサートで演奏を聴いた時にまた違った発見があるかもしれません。さまざまな楽器の音が重なり合ってできるハーモニーを耳をすませて聴いてみましょう。

出演者

PIANO

Vol.2 ピアノ

ピアノを演奏するうえで、よく言われよく聞くことは「基本が大事」ということ。そのために、練習曲を時間かけ繰り返し弾いたことがある方も多いのではないでしょうか。 世界一流のピアニストたちもスケールなどの基本を大切にしております。 ピアノ編では、演奏家たちの基本に立ち戻る姿勢の意味やその姿勢から演奏技術を向上させるヒントを紹介します。

| テクニック編

スケールとアルペジオの聴き比べ

楽曲構成の基本となるスケール(音階)とアルペジオ(分散和音)。実はピアニストによって弾き方が違うことを知っていますか?タッチの強さや指の運び方、ピアノに向かう姿勢なども異なるので同じピアノにも関わらず違う楽器に聴こえることもあります。5組のピアニストによる違いを見て・聴いて・感じてみましょう。

| リスニング編

ピアニストによるコンサート

テクニック編でスケールとアルペジオからピアニストたちの個性に気づいたら、コンサートでもその違いがわかるはずです。 実際に楽曲を聴いてピアニストたちの音楽を感じてみましょう。

ABOUT

いばらきMUSIC デリバリーは、音楽や楽器に興味を持ち始め、演奏の上達を目指すみなさんに贈る演奏会。動画配信のメリットを最大限に活かし、多視点のカメラでピアニストの手元やアンサンブルの息遣いをとらえます。また公開期間中でしたら何度でも映像が見られるので、学習教材としても活用いただけます。 ご自宅のパソコンで、お手元のスマートフォンで、ご自分のお好きな環境で演奏会をお楽しみください。

【監修】
牧野英一(茨城県新人演奏会実行委員長)
江幡和子(茨城県新人演奏会実行委員)
鈴木英史(作曲家)